将来を見据えた住まいづくり

戸締りとホームセキュリティ

実家の隣の家は、2度も空き巣に入られた経験があります。

ひと昔前と比べると、かなり物騒な世の中になってきました。

私が子どもの時は、家に誰かがいる場合は、夜以外は基本的に玄関の鍵はかけないでいました。

家が留守になる場合でも、20分くらいなら、鍵をかけずに出かけたものでした。

実家は都心にあるのですが、今は一日中鍵をかけたままです。
また、1階の窓には空き巣などが侵入しないように、二重の鍵をしています。

実家の周りの一軒家は、警備保障会社のホームセキュリティを入れている家がちらほらとあります。
母の友人宅も一軒家なので、ホームセキュリティを入れるそうです。

その友人は、独りで暮らしているうえ、海外旅行などで長期不在が多いので、ホームセキュリティを利用することにしたそうです。

私は今、集合住宅に住んでいます。
築30年くらいの見るからに古い建物です。
というわけで、こんな家に住んでいる住人の家には、金目のものがないと空き巣達もわかっているのだと思います。

おかげで、平和に過ごせています。
集合住宅の2階ですので、その点も安心です。

ただ、主人が出張でいない夜は、玄関のドアは施錠の他にチェーンをかけています。
こんなあばら家に泥棒が侵入することはないと思いますが、戸締りだけは気をつけています。

Copyright (C)2017将来を見据えた住まいづくり.All rights reserved.