将来を見据えた住まいづくり

リフォームで利便性UP

私の家でしたリフォームで便利になったと思うものは配線です。部屋の間取りを変更するなど大規模なリフォームではありませんが、電気と電話の配線とLAN配線を足してもらうことにより、利便性が上がります。
電気の配線は台所の周りです。オーブントースターとフィッシュロースターを同時に使うとヒューズが飛んでしまうことがありましたが、リフォームのときにそのことを話して配線を工夫してもらったところ、オーブントースターとフィッシュロースターを同時に使えるようになり、調理時間が短くなりました。
住んでいるうちに寝室、客間、勉強部屋など部屋の使い方を変えることがあります。それにより必要な電話とインターホンの配線が変わったので、配線が来ていなかった部屋に引いてもらいました。コードレスホンを追加できる場合は、配線を引くのとコードレスを購入する価格を比べて決めればよいと思います。それから、無線LANが浸透していなかった頃なので、LAN配線を各部屋に引いてもらいました。

住まいと家のおすすめホームページ!

  • エリア別に人気の会議室が分かります。

Copyright (C)2017将来を見据えた住まいづくり.All rights reserved.